「水曜に取り寄せたお酒で土日(週末)を楽しむ」がモットー(志向)。
毎日をゆるく生きる水取 日土志の緩ライフを毎週ゆる〜くご紹介。

さて、今週はどんな緩ライフを過ごしているでしょうか……

今週の晩酌酒 vol.40

[箱入/秋田杉]山本 アイスブルー 純米大吟醸 木桶仕込み 720ml

山本、満を持しての新商品!
万人が唸る圧巻の純米大吟醸



セクスィーな酵母を操り、
ケレン味の利いた仕掛けやら、
エスプリの利いた言動で
いっつもオイラを楽しませてくれる蔵元。

それが「山本(山本合名会社)」!
(秋田県山本郡八峰町)

オリジナルののぼり旗を作って売っていたり、
蔵付き酵母を使用した「蔵に来た人だけが買える」商品を売っていたりする。

極め付け、
「蔵付きセクスィー山本酵母」なる酵母で
お酒を醸したりと、ちょっとぶっ飛んでる。

とはいえ、実はオイラが、こうまで日本酒に
どっぷりとハマったきっかけが山本なの。

なぜなら、味は実直、中身がある。
世界遺産・白神山地の天然湧水で
仕込まれたお酒は、味わい深く、
柔らかく、バランスが素晴らしく、
とにかく魅了される。

そんな「山本」さんが密かに造っていたという
新商品がこいつだーーーっ!!



[箱入/秋田杉]山本 アイスブルー 純米大吟醸 木桶仕込み 720ml

商品を見る   

みてみて!
ラベルの「山本」って文字が
キンラキンラして綺麗っしょ。
氷の結晶みたい。
だから明快アイスブルー!

冷蔵庫の氷じゃないぜ。
このブルーの輝きは、
千代に八千代にと長い年月をかけて圧縮され、
限りなく透明度を増した氷河の氷なのさ。




で、スペックは純大吟の木桶仕込み。
国内で唯一、秋田杉の木桶で仕込んでいるという逸品だ。

秋田杉といえば、木曽のヒノキ、
青森のヒバと並ぶ日本三大美林のひとつ。
強度・耐久性に優れ、美しい柾目が特徴の
高級建材だぜ。

「曲げわっぱ」にも使われるらしいから
加工のしやすさや、機能性に富む木材なんだな。

だけど、木桶の厚さは5僂發△辰董
外側から冷やせないから5℃の冷蔵庫の中で
仕込んだんだって。大変な手間だよ。

使われている酵母はUT-2というもの。
酒質の劣化につながる成分が少ないため、
蔵出荷時のいい状態を長く保てるんだそう。
新商品らしく随所に仕掛けがあるのだなっ!

オーケー、時は満ちた。
アイスブルーが冷める前に
(正確には“温まる前に”だけど)
ツマミの用意、早えぐせっ!



じゅんさいともずくのポン酢 青ゆずを添えて

実は、山本が居を構える秋田県、
日本一のじゅんさい産地であり、
能代市を挟んで隣接する三種町は、
国内生産量の約90%を占めるんだとか。

じゅんさいって料亭に出てくるもんだと思ってて
オイラはあんまり馴染みなかったけど……

「山本じゅんさい!」

世界的デザイナーか光GENJIみたいな響きだが、
山本と、じゅんさい、どちらも秋田さ。
だから本日は
土地のもの同士を合わせる鉄板の儀で
分厚い氷河に挑む。




池とかに生える水生植物のじゅんさい、
その芽はゼリー状の膜で覆われプルルンとしてて、
ムチンという成分によるトロロンのぬめりがある。

納豆や山芋、ウナギにも含まれるムチンは、
粘膜保護効果で胃腸にいい。
スタミナ増強や免疫力向上にも
一役買うとあっていいことずくめ。

ここに最強タッグのもずくで天下平定。
じゅんさいのムチンに対し、
もずくのぬるぬるはフコダインという成分で
水溶性の食物繊維。

整腸作用はもちろんのこと、
血中コレステロールを減少させ、
生活習慣病の予防になる。
また、牛乳より優れたカルシウム・チャージャーでもある。

二日酔いにならなそうだし、
お酒の友として最高のツマミじゃね?!
って気がして興奮してきた。
はい! ジュンサイ・ヤマモト行きまーす!




よーーーく冷えたアイスブルーを杯に注ぐ。
氷のようにクリアで涼し気な
アイスブルーをくいっとひと口。

穏やかで爽やかな果実香に、
上品かつ柔らかい甘味がきて、
強めの酸味が脳天を突き抜ける。

「ジューシー・ダイナマイツ!」

味わいは程よく広がり、スーッと消える。
アレレ?! 木桶仕込みのはずだけど
木の香りは全くと言っていいほど無い。
少なくともオイラには気づけなかった。

秋田杉を使った木桶の効能って
もっと大きな部分でその役割を果たしてて、
目には見えないんだけど、
酒質そのものに影響を与えているのかもね。
奥が深いぜ山本! アイスブルー!

例えると、かがた屋酒店のバカボン四段みたいに
居ても居なくてもどっちでもいいんだけど、
居ないとオイラにとってはカガタヤじゃないのと一緒ってことかな。




じゅんさいって、無味無臭かと思っていたけど、
ハーブのような鮮烈な香味があるのね、新鮮。
ポン酢と添えた青柚子の風味と相まって食欲増進。
どんぶりでも行けちゃいそうよ。

ツマんでからアイスブルーで追っかけると、
酸味の相乗効果はもちろんだが、
アイスブルーによって
料理に華やかさと甘味が加わり、
旨味の新大陸を発見した。

オイラは今、砕氷船に乗り込み、
氷河を砕いて南極を目指す、
「南極冒険家
世界のジュンサイ・ヤマモトUMAX!」





今日の料理との相性、
「ダイヤモンドダストォ!」並みのインパクト。
(出典:キグナス氷河、『聖闘士星矢』)

これって「SAKEディプロマ」のテキストに
載っていた、“日本酒が料理の味わいを補う”と
いうやつなんだな。なるほど、よく分かった。

それにしてもアイスブルーってば、
アルコール臭もアルコールの抵抗感も少なくて、
低アルかと思うほど本当に飲みやすいよ。

だから、日本酒を飲み慣れない人や
所謂SAKE感が苦手な人にこそ飲んで欲しいね。
これこそ純米大吟醸の凄みなのさ。
ほいじゃーね!






エスプリに富んだ秋田の蔵元
「山本」が新たに放つ、
限りなく透明に近い“アイスブルー”。

悠久の時が育んだ
日本三大美林「秋田杉」の木桶は、
その存在を主張せず、
ひたすらに酒質向上を担っています。

ジューシーで爽やか、
万人が受けつける飲みやすさは、
純米大吟醸の醍醐味。

雪のように真っ白なベースに
アイスブルーの箔押しが目を引く
化粧箱入りで存在感抜群です。

一人で飲むより、
集まった先での振舞い酒として、
また、残暑見舞いにもぴったり。
よーく冷やしてお召し上がりください。

数に限りがあります。
お早目にご注文ください。



日土志が飲んでいるお酒

[箱入/秋田杉]山本 アイスブルー 純米大吟醸 木桶仕込み 720ml
 

商品を見る

今週のつまみ

<じゅんさいともずくのポン酢 青ゆずを添えて>
じゅんさいって漢字で書くと「蓴菜」。漢字検定1級レベル! かどうかは分かんないけど難しいのは確か、はは。



Fresh Foods アトレ目黒店
 

プロフィール

水取 日土志
(みずとり ひとし)


38歳(男性・独身)。西小山在住。
近所のかがた屋酒店でお酒を買って晩酌するのが一番の楽しみ。
出世するつもりは毛頭なく、職場でもお酒のことばかり考えている。
最近、ウンチクが過ぎて部下にウザがられていることを自覚したのか、
酒屋で仕入れた情報は、もっぱら猫か、かがた屋の新人にだけ話している。
西洋かぶれの一面もある。外見からは想像できないくらいチャーミング。

ページトップへ